NYのおしゃれカフェ”Citizens of Chelsea”で優雅なブランチを

NYのおしゃれカフェ”Citizens of Chelsea”で優雅なブランチを

ニューヨークにあるおしゃれカフェの中でも、筆者が実際に訪れてとても満足したおすすめカフェ「Citizens of Chelsea」を紹介します。今NYで流行っているオーストラリアスタイルの朝食・ブランチカフェで、見た目も味も最高な食事を提供してくれます。日本人も全くいなくて現地の人が多かったので、おしゃれな雰囲気の中でニューヨーカー気分に浸りながらコーヒーを楽しみたい人は必見です!

Citizens of Chelsea cafeはチェルシーNO.1?!のおしゃれカフェ

ニューヨークといえば、おしゃれなカフェがたくさんあってカフェ好きにはたまらない場所ですよね。ニューヨークのマンハッタンエリアにあるチェルシーに、カフェ好きに是非訪れて欲しいカフェがあります。

オーストラリアブランチを再現した女性ウケ抜群のCitizens of Chelsea。ニューヨークのチェルシーとグラマーシーの計2店舗を展開しているようです。どちらもマンハッタンのミッドタウンの下の方にあります。

どこを撮っても画になるおしゃれなインテリア空間

家具の一つ一つや置いてあるもの全てがおしゃれで洗練されている空間です。ミントグリーンを基調にし、家具はウッド系とホワイトでまとめられています。Macを開いて作業をしている人、女性同士でランチ会をしている人、1人でまったり過ごしている男性など、客層は様々でしたが若い女性が多かった印象でした。テイクアウトもできるようなので、時間がない人はコーヒーをオーダーするだけでも良いでしょう。

色とりどりのメニューとおしゃれなカプチーノ

Citizensさん(@citizens.of)がシェアした投稿


Citizens of Chelsea cafeの人気メニューは、「Smashing Avocado」といったアボカドをつぶしてパンの上にのせたものや、フルーツたっぷりのベルギーワッフル、ボリューム満点のアサイーボールやエッグベネディクトなどがあります。価格帯は大体15ドル前後といったところでした。さすがニューヨーク価格ですね!

筆者は、気になっていたSmashing Avocado(14ドル)とカプチーノ(4ドル)をオーダーしました。食事には、トッピングでベーコンなどを追加することもできるようです。見た目はまさにフォトジェニックと言えるような鮮やかな色味。薄めのパンが2スライスでそこまでボリュームはないかな?と思いましたが、食べてみるとすごい。十分お腹いっぱいになりました。確かに少し割高ですが、このアボガドの量と家では作れない繊細な盛り付け、そして見た目負けしないこの味なら大満足!

カプチーノもラテアートがされている上にクリーミーで美味しかったです。

東京では味わえない雰囲気と、かつまだ日本ではあまり紹介されていない場所なので、本当に行ってよかったと思えるカフェでした。

メトロのC,Eラインにある23rd St.で降りて数分で着く

ニューヨーク旅行ではおそらくほとんどの方がメトロカードを購入すると思いますが、チェルシー店であればC,E Lineの23rd St.駅で降りれば3~4分で到着します。近くには有名な観光地であるハイラインもあるので、セットで訪れるのも良いでしょう。

・カフェ名:Citizens of Chelsea
・営業時間:7:30-18:00(月~金)、8:00-18:00(土,日)
・住所:401 W 25th St, New York, NY 10001
・最寄り駅:C,E 23th St. (ブルーライン)

・カフェ名:Citizens of Gramercy
・営業時間:7:30-18:00(月~金)、8:00-18:00(土,日)
・住所:362 2nd Ave, New York, NY 10010
・最寄り駅:4,6,6X 23th St. (グリーンライン)

アメリカはwifiレンタル必須。U.S.データが安くて前日予約可能

Category :