英語が話せるようになる方法6つ。お金をかけず日本で実践可能

英語が話せるようになる方法6つ。お金をかけず日本で実践可能

英語が話せるようになる方法をまとめました。筆者は、英語が話せるようになりたくて色々実践してきたので、おすすめの方法や英語を勉強する際に必要なマインド、注意点なども踏まえてご説明します。普段、日本語しか使わず、仕事や学業が忙しいとついついおろそかになるのが語学勉強。英語が話せるようになるメリットはたくさんあるので、モチベーションを保ちながらコツコツ頑張りましょう。

どうして『英語が話せるようになりたい』か、理由は何でもいい。

英語が話せるようになった人

世の中には、英語を話せるようになりたいと思う日本人はたくさんいます。年齢や性別は関係なく、現代では多くの人が英語の読み書き以上に話せるようになることを望んでいるように見受けられます。

極論、話せるようになりたい理由は、何でもいいと思っています。

「仕事で必要になった」
「英語の本が読めるようになりたい」
「外国人と交流がしたい」
「なんとなく、カッコイイから」
「海外で仕事をしたい」
「外国人の恋人が欲しい」
「1人で海外旅行がしてみたい」

人それぞれ、他人からしたらくだらないと思う理由でも、自分が話せるように努力できれば問題ありません。話せるようになったもん勝ち、でしょう。

筆者も、「英語が話せるようになりたい」と思う大勢のうちの1人でした。こつこつ貯めた貯金で留学へ行き、ビジネスを勉強するのが学生の頃にやりたかったことの1つでした。筆者は、優秀でもなく、また大富豪でもない普通の家庭だったため、何年も留学する資金やもらえる奨学金はありませんでした。そのため、1年間という期限付きの留学では、語学学校に時間を割かず、最初から大学で勉強ができるようにしておきたい、現地の人とは日常会話ができるレベルになっておきたいと考え、事前に日本で英語の勉強を約1年半程頑張りました。

実際、これから紹介する実践方法で、かなり良いスタートを切ることができました。最初から外国人とのルームシェアができ、大学の授業も受けられ、現地の友達も大勢できました。なので、筆者なりの必勝法は自信を持っておすすめできます。

英語が話せるようになると起こるメリット

英語はただのツールです。英語が話せるからといって、外国人とコミュニケーションが完璧にとれる、なんでもできる、人よりえらくなる、ということはありません。日本語が話せてもお互いに理解し合えないことがあるのと同じですね。

しかし、英語が話せることでその人に降りかかるメリットは山ほどあり、デメリットは1つもないと考えています。話せなくても、日本に居続けて同じ生活をしていればなんの不便もありませんし、英語なんて必要ありません。しかし、+αのスキルとして、ツールは持っていればそれに越したことはありません。

人生の選択肢を広げやすくなる

英語だけではありませんが、言語はツールなので持っていれば持っているほど有利です。日本という島国の環境もあり、学ばない方を選ぶ人が多いのも事実です。ですが、英語を話せると、それだけで仕事の選択肢や住まいの選択肢、パートナーの選択肢、付き合う友人の選択肢、なんでも広げやすくなります。もちろん、現段階で話せなくても、飛び込んで学んでいけば広がります。

※日本語しか話さなくても、日本では十分幸せに生きられます。言語学習は個人の自由なので、他人に強制したり、自分と考えが違う人を否定するのはやめましょう!

自分の考えを言語化できるようになる=就活にも有利

外国にいると、びっくりするほど自分がどうしてその行動をするのか深堀りされます。まだ若かった頃の筆者は、それにとても驚いたことを今でも覚えています。

イメージとしてはこのような会話がよく繰り広げられます。
外「どうして英語を勉強したいと思ったの?」
日「話せるようになりたくて」
外「どうして話せるようになりたいの?」
日「外国人と交流したいから」
外「どうして交流したいの?交流して何をしたいとかあるの?」
日「え~と・・・」
というように、納得するまでその人の考えを知ろうとさぐってくれます。
最初は慣れない英語で深堀りされてあたふたしましたが、後の就職活動に役立ちました。

所謂、プチ圧迫面接のようなものでも余裕でパスできましたし、どうして?の嵐にも慣れました。
まあこれは、英語ができなくても鍛えることは可能ですが・・・

一生付き合える人との出会いがあるかも

友人・結婚相手・仕事仲間など、どんな形でも一生付き合える人と出会えることがあります。幸運にも、筆者も6年以上付き合いのあるフランス人の友人がいますし、その人は下手すると他の日本人の友人よりも一緒にいて落ち着くし気が合います。ある人は、起業仲間を見つけたり、越境ビジネスをやる相手を見つけたりと、大きな転機になっていることもありますし、イタリア人と婚約した筆者の友人は、現在2人で世界を周っています。

海外旅行が10倍楽しくなり充実する

英語圏への海外旅行へ行くのが好きであれば、英語が話せるのはとてもアドバンテージになります。もちろん、超ベタな観光地を歩くだけでも楽しいのですが、現地の人と話した流れで教えてもらった場所や、その日やっているイベントに参加して交流したりと、コアな体験ができることも多いです。また、質問できれば大体の人は助けてくれるので、英語が少し話せるだけでも自分の助けになります。

英語で調べごとをすると新しい情報が得られることがある

これは「話す」スキルと関係がありませんが、日本語で検索するよりも英語で検索した方が、転がってない情報を得られることはよくある話です。筆者も、仕事上英語で検索して情報を得たり、旅行の前も英語でおすすめの場所を調べたりしています。さらっと情報を読み取れると非常に便利です。

仕事を任される領域が広がる(会社による)

英語が話せる女性社員

海外旅行には興味ない!日本が1番!そう考える日本人も多いです。もちろん、その考えのままで良いですが、日本人で英語ができると色んな場面で有利になります。人生には切っても切れない「仕事」という部分でも、英語ができると仕事の領域が広がったり、任せてもらえることが増えたりと、何かと良い思いをすることも多いです。逆に、日本語と英語が話せる人を外国で探していることだってありますし、チャンスが舞い込んでくることは大いにありえます。

筆者が英語を話せるようになった効果のある勉強法6つ

英語を話せるようになった人たち

今まで本当に色んな英語の学習法を試しましたが、実際にこれがあって話せるようになった、と実感できた方法だけを紹介します。少しお金はかかりますが、月何十万とかかることはありません。

学校で英語を書けるようになるためには、英語を書いて練習しましたよね。つまり、英語を話せるようになるには、なるべく多くの話す機会を設けることが手っ取り早いです。いつまでも書いたり読んだりしているようでは、アウトプットができません。

①実践が最も大切で1番の近道。英会話の無料体験レッスンを利用する

英語を話せるように頑張る女性

いきなり話すの?!と思われるかもしれませんが、まずは英語で会話をすることがどういうものかを、飛び込んで体験することが重要。そして、自分の英会話力のなさに一度突き落とされるのがいいです。筆者も、全く話せない時に試してきて、「言いたいことが何も出てこなかった・・・」と落胆した経験があります。しかし、それがあったからこそ本腰を入れて勉強したり、行動することができました。無料なので出来なくても問題ないですし、この「全然出来なかった」という気持ちにいかに早くシフトできるかどうかが大切。ダラダラ勉強していても、いつまでも身につかなければ時間の無駄です。

英会話は、「話す」という機会が増えれば増えるほど上達も早いので、それなりに話せるようになってきた人にもこの方法は有効。最近しゃべれてない・・・と思っている人も、無料英会話は利用する価値ありです。とにかくタダで利用できるものは利用しておきましょう。

最もおすすめなのが、学研のオンラインマンツーマン英会話のkimini BBです。今だけ1ヶ月間無料で試せるので、タダで1ヶ月英語を話す練習ができるという夢のようなキャンペーン。学生さんから社会人まで、それぞれのステージに合わせたコースが揃っているのも魅力ですし、家でレッスンができるので忙しくても通わずに済みます。

→1ヶ月間無料で英会話のレッスンができるkimini BBに申し込む

DMM英会話の無料レッスンもおすすめです。DMM英会話は非常に有名で、生徒の満足度も非常に高いです。講師も事前に選べますし、自分がどんなシーンで英語を使いたいか、という目的に沿った会話ができるので質も高い。オンライン上で25分の英会話が2回も無料で試せます。

最後は、LOBiの無料英会話レッスンです。LOBiは、自己紹介から英語への置き換えレッスン、スキルチェックなど、複数の項目が1対1で体験できる50分のコース。スカイプでも対面でも受けることができます。今申し込むとAmazonギフト券ももらえるので尚お得です。

→50分の無料英会話レッスンができるLOBiにも申し込む

②リスニング大事!超初心者はVOAを毎日通勤・通学で聴こう

英語が話せるようにヒアリングを練習する女性

英語で話すということは、相手の話している内容を理解しているのが前提。スピーキングは、ヒアリングなしでは成り立ちません。Voice of Americaという英語のニュースサイトですが、無料でニュース音声を聴くことができます。これは、TOEFLの塾の先生が教えてくれたおすすめの学習ツールでした。無料なのが素晴らしいだけでなく、スピーカーの発音が非常に綺麗で話し方もゆっくり!!1つ1つの単語が聞き取れるぐらいの速さです。また、このVOAを聴きながらシャドーイングをするのがスピーキングには効果的です。

→リスニング超初心者におすすめのVOAを見る

③お風呂でキクタンを聴いて発音する=単語を耳で覚える

単語を覚えるのは、新しい言語を習得する上で絶対に避けられない道。めんどくさいし憂鬱ですが、最低限の英単語を覚えるのは必須です。日本語を覚えたい外国人に対して、日本語で「寝る」「仕事」「学校」という単語は覚えなくていいよ、とは言えないですよね。まず英単語を死ぬ気で叩き込む必要があります。
英語が話せるようになるためのキクタンAmazonで見る Rakutenで見る
筆者は、結構な数の単語帳を試してきた人間ですが、その中でもダントツでキクタンが覚えられました。当時、とても賢い友人がおすすめしてくれた本です。単語を眺めたり書いたりして覚えてもすぐ忘れてしまったり、いざ話す時に単語が出てこない、という方におすすめです。
今は、無料で英単語が覚えられるアプリもたくさんありますが、選択肢から選ぶテスト形式っぽいものが多く、実践には結構遠回りだと感じています。学校で散々英語の勉強やテストをしてきたと思いますが、全く話せるようにはならなかったですよね?それと同じで、見てわかっても話せるのとはまた別なのです。もちろん、やるのは絶対にプラスですが、声に出したほうが「話せるようになる」という観点では近道です。

キクタンは、リズムに合わせて実際に発音して覚える能動的な英単語帳。例えば「Apple!りんご!~♪」というように、英語と日本語をセットにして、キクタンの流れるリズム音に合わせて発音しながら聴いて覚えるのです。飽きないし、耳で覚えられるし、苦じゃなくなります。

※ちなみに、お風呂に浸かりながらノリノリのリズムに合わせて単語を発音している己の姿は、客観視すると滑稽で笑えてきますが気にしないで頑張りましょう。

また、キクタンの会社が作成しているトーキングマラソンも非常に良いサービスです。当時、筆者が勉強していた時代にはなかったサービスですが、あったら絶対に使っていたな・・・と思います。スマホ相手に英会話をするという能動的なトレーニング。筆者のように、英単語をリズムに合わせて繰り返す必要もなく、一連の会話を話すことで単語やフレーズを覚えることができます。月額も3,980円で、英会話よりもはるかに安い。飲み会を1回我慢すれば払える金額です。最初の2週間は無料で試せるため、かなり気軽にチャレンジできます。

→【2週間無料お試し!】とっさに英語が出てくる発話トレーニングのトーキングマラソンを試す

④Couch Surfingに登録し、外国人旅行者に会う

英語が話せるようになるための練習となるカウチサーフィング

最低限の英単語を覚えたら、いや、覚えている段階でもう実践に移りましょう。外国人に会いましょう。●分●●円で外国人と話せるカフェなどがありますが、筆者はそのようなものは1度も利用したことがありません。そこにお金をかけなくても、外国人は日本にたくさんいます。1番良かった実践法ともいえるのが、このAirbnbの前身ともいえる「Couchsurfing」で、外国人が集まるイベントに参加する、または、個別に気が合いそうな人にメッセージをして会い、渋谷や浅草などの観光地を紹介する、ということでした。これまで何十組と色んな国籍の人に会ってきましたが、待ち合わせるだけで苦労しましたし、気が合わない人もいましたし、最初はろくに会話も理解できず、Yes,Noぐらいの反応しかできませんでした。しかし、それ以上に一生付き合える友達に出会えたことも事実ですし、何より英語に慣れることができたのはこのカウチサーフィンのおかげです。この方法が1番手っ取り早く、自分のモチベーション維持にも効果的でした。

※たまに変な人もいるので、夜遅くに女性1人で男性外国人の泊まっているホテル近くに行く、なんて軽率な行動は慎みましょう。筆者はいつも大勢で会うか、女性と会っていました。

→無料で国際交流!外国人観光客と会えるCouchsurfingに登録する

⑤出来るのであれば、Airbnbでホストをやってみよう

英語が話せるようになるチャンスがあるエアビー

一人暮らしの部屋にスペースがある、実家の両親が外国人に寛容、など条件が揃っていれば、Airbnbは英語に触れる絶好のチャンスです。筆者もAirbnbやCoutsurfingで外国人旅行者を家に泊めていましたが、1日1回は必ず話せる機会があります。仲良くなれば、一緒に出掛ける機会だってあります。Airbnbに関しては、お金をもらう上に家にいながら英語を聴いたり話したりすることができるのです。まさに一石二鳥ですよね。

ただし、女性の1人暮らしである場合、泊める相手はよく考えてください。また、男性も、外国人女性に嫌な思いをさせないように。

→外国人旅行者を受け入れて英語を話す機会が作れるAirbnbに登録する

⑥TEDで興味のあるプレゼンを何度も聴く

英語が話せるようになるための道具であるTED

先に紹介したVOAでは物足りない!という方は、TEDが非常におすすめです。TEDは、アメリカの大学の授業でも使われる程メジャーで有名な、様々なプレゼン動画が無料で視聴できるサイトです。その道の著名人が、ナレッジシェアのためにとても上手なプレゼンをしてくれます。貧困について、女性差別について、経済についてなど、好きな分野のプレゼンを聴くことができ、日本語訳もついているため、「これはどういう言い回しなんだろう?」と思ったときすぐに確認できます。知識も増えて英語の勉強にもなるので、筆者も大好きなサービスです。アプリがあるのでスマホにダウンロードしておくと良いでしょう。

→有益な英語のプレゼンが視聴できるTEDを見る

英語を話すために時間をかけるか、お金をかけるか

筆者がやっていたことは、どれも手間が少しかかり時間が必要なものが多いです。例えば、外国人旅行者と会うのにも、まず人やイベントを探して連絡をしてコミュニケーションをとり、日にちや時間、場所を決めて待ち合わせる・・・というようなフローが必要です。Airbnbも、登録して準備が必要になります。英語で部屋の紹介文や条件、ルールを書いたり、写真を撮影してアップしたり、旅行者からの質問にも答える必要があります。

当時の筆者は学生でお金よりも時間があったため、なるべくお金をかけずに英語の勉強をしていましたが、もし社会人で時間よりも金銭の方に余裕があるのであれば、少しお金をかけた方が効率が良いかもしれません。

英語が短期間で話せるようになるブートキャンプ

最近では、English Boot Campという、短期間で集中的に英語を話せるようにするプログラムもあるようです。これは筆者は試したことがないですが、社会人で急に海外転勤がある、出張がある、時間がないから短期間で済ませたい、という人は、高くても効率を求めた方がいいかもしれません。

→たったの2日間で英語がしゃべれるようになるEnglish Boot Campに申し込む

英語が話せるようになれば、世界も変わる

英語が話せるようになりたい女性と外国人

日本人は、英語を話すということに少しハードルを感じていることがありますが、1度世界へ出るとその気持ちがバカらしく感じてきます。めちゃくちゃな文法で話すアラブ人や癖のある発音で話しかけてくるインド人、いったいネイティブってなんだろう?と考えさせられるほどに、色んな英語を話す人がいるのです。話せないことが恥ずかしいと感じていた筆者も、次第に「どうして早く話し始めなかったんだろう。何を恥じていたんだろう。」と後悔するようになりました。1日でも早くトライして、しゃべれなくてもしゃべろうと思える気持ちを作れるのが1番の上達法かもしれません。